{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

根菜を楽しむ重ね煮(旅する重ね煮2)

¥2,970 税込

送料についてはこちら

戸練ミナ(著/文) ISBN 978-4-9907925-3-4 B5判 160頁 価格 2,700円+税 発売日 2020年3月16日 “美味しい" を大切に考えた、体にも優しい野菜料理。今回は根菜が主役の重ね煮です。野菜を重ねて蒸し煮(重ね煮)するだけでなく、重ね煮の前にひと手間が必要なものがいくつか登場しています。例えば、ごぼうのアクは、体に有用な働きをするポリフェノール。そこで、アク抜きをせず、旨みに変えます。旨みに変えるためのひと手間は必要になりますが、知っていると料理の幅が広がります。基本の重ね煮をすでに実践している方、重ね煮料理の幅をさらに広げたい方にオススメの一冊です。 今回は、重ね煮料理だけでなく、根菜1種の味わいを生かす料理も紹介しています。根菜の実、葉、皮、すべてを無駄にすることなく、しかも美味しく、大切にいただきます。 「重ね煮」とは 野菜の旨みを最大限に引き出す調理法。3種以上の野菜を層にして重ね、30分ほど蒸し煮をします。ほんの少しの塩で野菜の水分と旨みを引き出します。 著者について 戸練ミナ 重ね煮料理「はぁも煮」主宰。重ね煮料理研究家・栄養士・調理師。 重ね煮の創始者小川法慶氏に両親が師事していた経緯から重ね煮を食べて育つ。短大で栄養学を学び、卒業後に調理師学校に。割烹、フレンチレストラン、自然食カフェに勤務。その後、パティシエ研修のため渡仏。帰国後、西洋医学と東洋医学を統合した病院の食養課課長として重ね煮を使った病院給食、栄養指導に取り組む。さまざまな場面での「食」に携わる経験を通し、野菜の素晴らしさ、重ね煮の奥深さを実感。2007年より、暮らしの中にあるものを輝かせるエッセンスになることを願い、日本各地、海外にて重ね煮料理教室を開催している。 書評掲載情報 2020年4月16日 静岡新聞 夕刊